30代半ばで不妊治療を開始しました

いつかは授かると思っていた子供ですが、なかなか授かりませんでした。
結婚して5年、このままでは子供を授かることができないかもしれないと不安になり不妊治療に通うことにしました。

初めての不妊治療。
ドキドキでした。
そして様々な検査をしてもらいました。
子宮の状態をチェックしたり、主人の精子の状態をチェックしたりと本当に様々な検査を受けました。
卵管造影検査などの痛い!と思う検査もありましたが、想像していたよりも不安な事は何もありませんでした。

そして全ての結果がでたのですが、私も主人も異常はなし。
じゃあ、どうして妊娠しないの?と悲しくなりましたが、先生からの
まずはタイミング治療から始めてみましょう!頑張りましょう!
との言葉に励まされ不妊治療を開始することにしました。

しかし半年ほど、排卵日に合わせてタイミングを取るタイミング治療
そしてその後に半年ほど、直接子宮に主人の精子を入れる人口受精を試みましたが妊娠できませんでした。

あっという間に1年が経ち焦りを覚えたころに先生から体外受精の提案がありました。
年齢の事もあり少しでも早く妊娠したいという思いが強かったのですぐに体外受精を行うことにしました。
しかしすぐに体外受精できるわけでもなく、まずは検査、そして採卵。
その後にやっと移植できます。
採卵までに約半年かかってしまいました。
妊活サプリランキング
もっと早く不妊治療に通っていれば、体外受精を試してみればと思わずにはいられませんが、次生理が来ればやっと移植できます。
元気のいい卵ちゃんを移植して妊娠したいなと今、今まではイヤでしょうがなかった生理が待ち遠しくてしょうがありません!

続きを読む

結婚6年目からの不妊治療

私が不妊治療を始めたのは結婚して6年がたった頃です。仕事も不規則な中、妊娠をしないので旦那と相談の上、病院を探しました。病院は近くに2軒ありましたが、1軒はもう予約がとれず、もうひとつはたまたますぐ空きがありそこを予約しました。
基礎体温を計ることから初め、タイミングをとったり、薬でホルモンバランス整えましたが、だめでしたので人工受精を進められました。その際に、キャッチ アップ障害なら人工受精じゃだめだけど、調べることができないからどうしますか?といわれましたが、とりあえずやれることはやろうと思い人工受精を五回や りました。しかし、それもだめだったのて、体外授精に進みました。
体外授精は自己注射をしたり、薬を飲んだりしましたが、幸いなことにそれらによる副作用は一切なかったです。
採卵のときの麻酔からあけた時が少し辛かったけど休んだらよくなりました。一度目の体外授精は失敗しましたが、凍結していた卵で2度目に妊娠し、出産まで至りました。
妊娠するまでは病院に通っているのをいれると2年ちょいかかりました。病院と平行して漢方薬局で漢方薬を処方してもらい飲んでいました。こちらは中国のお 医者さんが毎回処方してくれ、相談等も聞いてくれるので心の支えになりました。漢方薬で体の中のバランスがとれたのか基礎体温がガタガタから少しはましに なりました。
妊娠するまではできるのかな?と不安になりましたが、妊娠した今はそのときにできる楽しいことをもっと色々やっておけばよかったなと思います。

続きを読む

排卵検査薬を使った結果

結婚してすぐから子どもが欲しいと主人と話していました。しかし、私たちの思いとは裏腹になかなかできずにいました。私たちの中では「若いからすぐにできる」というのがどこか頭の中であったのだと思います。
そこで、まず妊娠に備えて基礎体温を計ることにしました。そうすると高温期・低温期がよく分かり排卵日も分かるようになってきました。しかし排卵日を狙っ て子づくりしてもなかなかできなかったので、友人に相談したところ「排卵検査薬を使って、より正確に排卵日を確定させたほうがいい」とアドバイスを受けま した。
排卵検査薬は薬局では売っていますが、女性一人で買いに行くにはかなり抵抗があり、結局インターネットで購入することにしました。もっと妊娠検査薬・排卵検査薬ともに買いやすいようにしてほしいものだな、と当時はよく思いました。
排卵検査薬を使い、正確に排卵日を確定し子づくりしたところ、一回目で見事妊娠することができました。基礎体温は自分の体調や排卵のサイクルを知る上では とても大切な過程だったと思いますが、妊娠を希望しているなら排卵日を確定させるためにも排卵検査薬は絶対に使った方がいいと思いました。おかげさまで、 今では一児の母になっています。

続きを読む

レス気味だったけど子供が欲しくて妊活しました。

結婚前からレス気味だったんですが、お互い子供が欲しかったため結婚してから割とすぐに病院に通い始めました。
主人の性欲があまりなかっただけで、EDとかではなかったので排卵日を特定してタイミングを計る方法から始まりました。
半年ほど頑張ったのですが効果はなく、排卵促進剤を飲み始めて5周期目でようやく妊娠!!
とても嬉しかったのを覚えています。
しかし妊娠9週で稽留流産してしまいました。
生理を一周見送りすぐに治療を開始、同時に食事も見直しました。恥ずかしいですが、今まではお互い独身生活が長かったため、好きなものしか食べず、私は1 日1食とか2食とか当たり前で休みの日はほぼタバコとコーヒーなんて日もザラにありました。主人の方も、野菜嫌いなためほぼ毎日お肉ばかり食べていたよう で私と結婚してからも出した野菜など食べてくれなくて作るのが嫌になり、途中からほとんど野菜は出さず肉ばかりでした。
稽留流産してからはお互いこの生活ではだめだと思い直し、三食必ず食べるようにして肉ばかりではなく魚や牡蠣青汁なども飲むようにして、野菜も工夫して出すように心がけたところ、促進剤を飲んで2回目でまた妊娠することができました。
妊娠中も食事は気を使っていたため6キロしか体重も増えず中毒症などにもならず元気な男の子が生まれてきてくれました。食事は体を作る基本ということを忘れて薬ばかりに頼ってもだめだなと、1人目の子が教えてくれたのだと思います。

続きを読む