30代半ばで不妊治療を開始しました

いつかは授かると思っていた子供ですが、なかなか授かりませんでした。
結婚して5年、このままでは子供を授かることができないかもしれないと不安になり不妊治療に通うことにしました。

初めての不妊治療。
ドキドキでした。
そして様々な検査をしてもらいました。
子宮の状態をチェックしたり、主人の精子の状態をチェックしたりと本当に様々な検査を受けました。
卵管造影検査などの痛い!と思う検査もありましたが、想像していたよりも不安な事は何もありませんでした。

そして全ての結果がでたのですが、私も主人も異常はなし。
じゃあ、どうして妊娠しないの?と悲しくなりましたが、先生からの
まずはタイミング治療から始めてみましょう!頑張りましょう!
との言葉に励まされ不妊治療を開始することにしました。

しかし半年ほど、排卵日に合わせてタイミングを取るタイミング治療
そしてその後に半年ほど、直接子宮に主人の精子を入れる人口受精を試みましたが妊娠できませんでした。

あっという間に1年が経ち焦りを覚えたころに先生から体外受精の提案がありました。
年齢の事もあり少しでも早く妊娠したいという思いが強かったのですぐに体外受精を行うことにしました。
しかしすぐに体外受精できるわけでもなく、まずは検査、そして採卵。
その後にやっと移植できます。
採卵までに約半年かかってしまいました。
妊活サプリランキング
もっと早く不妊治療に通っていれば、体外受精を試してみればと思わずにはいられませんが、次生理が来ればやっと移植できます。
元気のいい卵ちゃんを移植して妊娠したいなと今、今まではイヤでしょうがなかった生理が待ち遠しくてしょうがありません!

続きを読む

私と夫との絆によって。

私と夫との出逢いは同じ職場で知り合ったことからでした。夫は七つ上なのですが、後輩に優しく真面目な性格でした。私が分からない所あって困っていた時 に、先輩だった夫が優しく教えていただき、それから、どんどんと話し合って、互いに惹かれ合い、結婚まで至りました。結婚当初は幸せな形から始まったので すが、だんだん互いの本性を知っていき、意見が合わないようになってきました。そして、喧嘩が耐えないほど増えていきました。その頃の私は、子供が欲し かったので、夫に内緒で妊活を始めていました。何故ならば、彼は仕事しているのでストレスを与えるといけないと思ったからです。夫はストレス溜めてくと、 体調を崩しやすくなるからです。そうなると、妊活所ではないからです。だからといって、隠すことは良くないと思い、夫と仲直りして、それから子供が欲しい と話しました。夫は賛成してくれました。それからは互いに昔のように、少しずつですが、話し合うようになりました。あの時に戻った感じで互いの絆か戻って 嬉しく思いました。それからは子作りを専念して頑張っています。やはり、仲が悪いと、子作りどころではないので、まずは互いのことを理解していかなければ ならないと学びました。

続きを読む

大好きな人との子作りとして。

去年の夏、結婚前提にお付き合いしている彼と三年間共にして、結婚させていただきました。新婚生活は楽しみという気持ちがありました。大好きな人と一緒に いられること、そして、大好きな人との子供を見篭もれることは嬉しさを感じられました。夫となる彼も、子作りを頑張っていきたいと言ってました。自分たち の子供を早く見たいという気持ちがあるからです。そのためにも、互いに仲良く、体調を良くしていけば、大丈夫だと産婦人科の先生はおしゃっていました。私 達は仲が良好なので、とても良い事でいいのですが、体調が良くない時が互いにあるので、体調を良くしていくためにも、検査を行ったり、ウォーキングなどの 運動をしていくことが大事だと話し合いました。互いにコツコツと運動をしていき、体を強くしていきました。そして、体調がいい時には、子作りをしていきま した。体調が悪くなったときには、休ませるようにしていきました。小さな事からコツコツやっていくだけでも、子作りを専念できるようになっていき、幸せな 感じがしてきました。それから二年が経った後、子供が2人できて、ビックリしてしまいました。1年に1人、子供ができたことに嬉しさを思い、やりがいが あって、とても良かったです。

続きを読む

妊活中に意識する食事

妊活の基本に食事があります。特に妊活で重要なことは冷え対策です。夏暑いからとアイスクリームや冷たい麦茶をたくさん摂取していては意味がありません。 冷たい食材は子宮や卵巣に冷え伝わり、妊娠力低下の原因になってしまいます。できるだけ飲み物は常温で飲むようにしていました。また、糖分も大敵です。血 糖値の急上昇やホルモンバランスが乱れる恐れのある糖質はできるだけ避けましょう。ごはんやパン、麺類、お菓子は適度にし、体への吸収が緩やかである玄米 やライ麦などを摂取しましょう。
妊活中意識して摂取したいのは、鉄・亜鉛・葉酸です。ですが、この3つの栄養素は食材からの摂取がなかなか難しい ものです。鉄分は動物性食品に含まれているものを中心に、亜鉛は肉・卵黄・アーモンド、葉酸は小松菜・いちご・キウイなどを意識して摂取するようにしてい ました。またサプリメントも同時に飲み補いました。
妊活がうまくいかないとイライラがつのってしまいます。そんなときは一度リセットして、まずは 食事だけでもと1つのことに絞ってみることもいいのではないでしょうか。栄養を意識しすぎた食事は逆にストレスになります。食事の時間を楽しむことも女性 にとってはいいことだと思いますよ。

続きを読む